FC2ブログ
フォーミュラを駆る心理学者のブログ
  • 11«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »01
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人生とは何か
2011年01月28日 (金) | 編集 |
・・・・・・

いや,まあ,別に,何と言いますか・・・(笑)

最近の記事をご覧の方は,私がいかに「生真面目」な人間かをよくご存じだと思うので,
ひっじょーに重たい記事になるのはもう既定路線でございます・・・w

まあ別にそれでいいんですけどね。
ブログなんてそんな物。


閑話休題。


以前,学生演劇をやっていたときに,こんな発言をしたことがあります。

僕の努力は「クソ」です。


・・・明らかに状況説明が必要なネタですよね(^^;)

これは,次の公演でどの脚本を上演するか決めるミーティングで,
自分は結構な時間を賭して脚本(の修正作業)を仕上げたのですが,
その努力は度外視して,
純粋に脚本そのものを見て,
どれを演じたいのか考えてほしいという事を言いたくて言った言葉でした。


今,全く別の文脈で,
僕の努力は「クソ」です。
と言いたい自分がいます。


自分は大学の教員としては珍しく,教育活動本位でものを考えています。
多くの大学教員の主眼は研究活動であり,教育活動はその余剰資源によってまかなわれているようなものです。

しかし自分は本当に教育活動を軸に考えていて,
このような発言をしたくなってしまうぐらい,学生サービスに傾いています。
授業準備に対してかけている時間は,他の一般的な教員の数倍はあるだろうと自負しています。
質問に対する回答も時間をかけて丁寧にやっている自信があります。


・・・

しかし最近,ちょっと度を超しているような気もしています・・・(^^;)

先ほどの,自分の努力は「クソ」という過激な表現にも現れているように,
あまりにも他者(学生)本位で,
自分がまったくいないような感じがしているのです。

もとより,大学の教員というものは教育と研究の両輪で成り立っているわけで,
教育しかないというのは望ましい事ではないです。

とはいえ,
こちらが努力して回答すると,相手はとても「いい顔」をすることが(およそ8割ではあるが)あります。
それは自分としてはとても嬉しいんですよね・・・。


と,ここまで考えて出た結論は,
自分は,キモいぐらいMだなと・・(笑)




・・・なんじゃ,その結論(笑)

まあいいかw

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。