FC2ブログ
フォーミュラを駆る心理学者のブログ
  • 11«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »01
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ちょっとわかってきた
2010年07月29日 (木) | 編集 |
昨日の記事では「学生の“気持ち”をいまいち掴めない」事を書きましたが,
ちょっと傾向がわかってきました。

ある程度以上の人数がいる教室の中で(30人以上ぐらい),
一対一もしくは少数対一の状態になったとき,
ものすごく焦る傾向があるみたいです。

自分はとにかく,極力,学生の方に視線を向けることを信条としているのですが,
それでイマイチ納得していない表情などを目にすると,
過剰に焦ってしまうようなんです。

「全体の中での一対一」というこの状況は,
注意の先以外の学生のニーズに晒されつつも,
その当該の学生のニーズが自分に向けられるわけで,
板挟みの状態になるわけです。

そんなとき,どうしても「八方美人」的な気持ちが頭をよぎってしまうんですね。

経験豊かな先生なら,そういう「ブレ」を起こさずに,
芯が通った安定した「基準」を持てるんでしょうけど,
自分はまだその域に達していないですねぇ・・・orz

あとは,コミュニケーションの相性。
どうしてもテンポが合わない人がいる・・・


この観点で整理していくと,
一方通行的な大教室では高評価で,逆にごく少人数のグループ実習の授業でも高評価で,
中間的な,30?40人ぐらいで,しかも個別のやりとりを含む(指名,発言)場合,
とても苦手になるということになります。

どうしたもんか(=`ェ´=)にゃー・・・

コメント
この記事へのコメント
あるあるw
2010/08/02(月) 17:32:28 | URL | Tomono #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>Tomonoさん

まあねえ・・・(^^;)
2010/08/04(水) 20:38:13 | URL | Kuroneko #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。